【政策効果と経済再開から米国株は強気相場に】みずほマンスリーVIEW 6月 <米国株式>

以下に【金融商品取引法に係る重要事項】を表示しますので、ご覧ください。

※訂正のお知らせ※
2分31秒前後から表示しているフリップ「新型コロナ感染率の傾向」上の表記「5/15→5/18の比較」を「5/15→5/28の比較」に訂正いたします。

【みずほ証券 倉持靖彦】 この動画は6月2日に撮影された動画です。

目次(PCをお使いの場合、分秒数をクリックいただくと当該内容からご覧になれます。)
0:55 米国株式相場 5月のポイント
2:11 各州知事は経済再開を優先
3:24 米経済は最悪期を通過しつつある
5:50 政策対応で市場の混乱は回避
7:09 強まる米中対立 この先は?
9:01 二番底の可能性は?
10:50 6月の米国株投資戦略

この動画は証券投資の参考となる情報の提供のみを目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【金融商品取引法に係る重要事項】
国内株式等(ETFやREIT等を含みます。)の売買取引には、約定代金に対して最大1.155%(税込み)、最低は原則として2,750 円(税込み)の委託手数料をご負担いただきます。募集・売出し等により国内株式等をご購入いただく場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。株式等は、価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、外国株式は為替相場の変化等により損失が生じるおそれがあります。なお、当社が取り扱うその他各商品等は所定の手数料をご負担いただきます。各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書またはお客さま向け資料等をよくお読みください。

商号等:
みずほ証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第94号

加入協会:
日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*